トップページへ戻る

imgboardの設置方法(Biglobe)

1 事前準備

2 では開始しましょう。

1. まず、エディタで、imgboard.cgiを開きます。
2. 「#!/usr/local/bin/perl」は変更なし。
3. $admin_passwd = '英数字'; # 管理人による記事削除時のパスワード
4. $title = "好きなものを";
5. $back_url ='http://www5a.biglobe.ne.jp/~ユーザーID/index.htm(またはhtml)';
6. $img_dir = '/home××/0×××/~ユーザー名/public_html/○○○/img-box'; # デフォルト位置 このように変更。
××等はbiglobeのHPで調べられます。○○○は自分で適切な物を入れてください。以下同じ。
7. $img_url ='http://www5a.biglobe.ne.jp/~ユーザーID/○○○/img-box';に変更。
8. あとは各種オプションを自分の環境にあわせて変更。
9. 保存します。
10. 指定のモードでFTP転送し、指定どおり(○○○のフォルダの中に)にアクセス権を変更します。
11. public_html」の中に「○○○」と「img-box」のフォルダを作成。
12. 掲示板は「http://cgi.www5a.biglobe.ne.jp/~ユーザーID/cgi-bin/○○○/imgboard.cgi」で見れます。

3 HPのディレクトリ構造
    public_html
      | 
      + cgi-bin
      |  |
      |  ○○○
      |  + file.dati
      |  + imgboard.cgi
      |  + jcord_sj.pl
      |  + imgsize.pl
      |
     ○○○
        |
      + img-box
     


トップページに戻る         CGIダウンロードセンターにいく