庭仕事が待っている!4


その6

8.水道の排水工事
8-1 9月23日、右の写真のような計画を立てました(ホームセンターで)(笑)。


8-2 レンガが20個とモルタルが必要なため、購入。しかし、玉砂利を買い忘れた・・・

以前に計画した時に買っておいたパイプを確認しなければ。



8-3 24日、玉砂利を買ってきたので、中に混ぜる予定です。ついでに周りに敷いてみよう。



8-4 翌25日、周りに8袋敷いてみました。全く足りないぞ、どうしよう???


8-5
仮置きしてみました。どうやら10cm程度高さが足りないみたいです。

雨水枡へは最短距離で繋ぎます。





8-6 10cmの高低差を石で賄います。この上に砕石を敷いてコンクリートをします。砕石が足りないかも。

周囲はコンクリートで固めておかないといけませんね。レンガが乗らないから。



8-7 砕石を入れる前に筒を準備します。
大きさは現場あわせで、電動ノコでカットしました。
その後接着剤で接着しました。

雨水枡はこれ(ホールソー)で穴を空けます。(かなり強引かな)。

後は雨水枡の中に見えるようにゴムの輪で防水です。





8-8 雨水枡にホールソーで穴を空け、塩ビ管の高低差を考慮しながら突っ込みます。

その上から、砕石を20kg敷いて、水平をとります(かなり適当ですが)。





8-9 レンガを積んでいきます(流石に写真撮る暇がありませんでした)。レンガは上の写真奥にあるように水につけておきます。

モルタルが少し硬かったようです。レンガは水分を吸うのでかなり柔らかいなと思うぐらい(カレー少し水大目ぐらい)が良いようです。

目地がボロボロだったので指で付け足しました。その後、ワイヤーブラシで目地周りを擦っておきます。

最後に水につけながらブラシでレンガを洗えば良いようです。

あと、排水口が高すぎたのでグラインダーで無理やりカットして、別の排水口(2個持っていたので)を接着剤でくっ付けました。



しかし、当初は20個のレンガを使う予定だったのがいつの間にか17個と半分ぐらいになっていました(^^;;;

どこでどう間違えたんだろう・・・やっぱり設計図がいるのかな。今回は、行き当たりばったりのやっつけ仕事になったからなぁ。向かって左と右の長さも違うし。

水糸を張ったけど結局使わなかったし。

ま、いいか。





ワイヤーブラシをかけた後

8-10 レンガの中に砂を入れます。

その上に玉砂利を適当に置いた後、上からホワイトモルタルを塗り、乾かします。

1時間ぐらいしたらブラシで擦りながら洗います。

仕上げのホワイトモルタルは明日にします(疲れたーーー)。目地にもホワイトモルタルを塗るかも。





8-11 ホワイトモルタルを塗り終わりました。これは難しいです。

石は取り除いて後から6個だけ埋めました。

先にモルタルを塗った後、色塗り代わりに塗るのが正解のような気がしてきた(後の祭りだな)。

でも、次回からは防水モルタルにしたほうがいいのかも・・・

後は、周りを砂利で埋めれば完成です。あ、レンガについているホワイトモルタルの汚れも落としておかねば。



8-12 最後に、ゴムパッキンを探していたのですが、ホームセンター3軒目で似たような物(使えそうな物)を見つけたので、採用しました。

隙間から砂が出てきていたのが、これでなくなると思います。





8-13 かかった費用は、

赤レンガ 20個 1,700円
砕石バラス 20kg 248円
川砂 約10kg 150円
モルタル 20kg 980円
ホワイトモルタル 4kg 498円
塩ビ管 1m 140円
塩ビ管(曲管) 1本 38円
VUパイプ用目皿 1個 555円
ゴムパッキン 1個 60円


これ以外に、     
ワイヤーブラシ 1本 103円
ナイロンブラシ 1本 187円
こて 1個 550円
玉砂利 8個 1,584円

合計、6,793円、ただし玉砂利は周りに敷いただけみたいな物なので、1,500円を引くと、5,293円。

材料費のみの計算では、4,453円でした。(玉砂利84円を含む)

やっぱり砕石バラスでも買って来て回りに敷いて置こうかな。10個ぐらいいるんだろうな(...( = =) トオイメ

既製品を買ったほうが安くて綺麗だったかも・・・いやいやそんなことではDIYERは勤まりません。気に入らなければまた壊して作る、これぞ真髄ってことで・・・今回は終了です。