その14

ティッシュペーパーボックスを作ってみます


第14弾
ティッシュペーパーボックスの作成
14−1 1×4等を使って、ティッシュペーパーボックスを作ります。
参考にしたのは「ルーター&トリマー使いこなしマニュアル」です。

まず、横の板を作ります。
最初に長い状態で、トリマーで6mm幅の深さ6mmの溝を掘ります。

それぞれ、263mm、263mm、155mm、155mmに切断します。

フリーハンドの図面です。(参考までに)

底板のベニアを入れるための6mmの溝を掘ってから、各長さに切断します。

14−2 アリ溝ガイドで掘ります。
アリ溝ガイドで掘ります。

14−3 仮組みした状態です。
仮組みです。

14−4 底の6mm厚のベニアを261mm×128mmに切断し、はめ込みます。


表板になるための木を探しました。端材の中に、1×10があったので、288×128に切り出しました。


パソコンで110mm×50mmの楕円形をプリントアウトし、表板に書き写します。


本当はガイドを作ってから行けばいいのですが、面倒なので直接掘り込みます。最初は6mmほど出して、次に20mmにして掘り込みます。勿論、下に別の板を敷いておきます。


ボーズ面ビット(R9.5)で周りを削ります。

蓋を切断。


ティッシュの取り出し口の型紙です。


型紙に沿ってトリマーで切断しましたが、刃の回転方向に若干歪みました。


14−5 表板の四角がはみ出ていたので、これもボーズ面ビットで削ります。


後は、金具(兆番と取付金具)を取り付け、色を塗れば完成です。(さて、何時になるやら・・・)

サンダーで磨きました。また、ペーパー取り出し口をボーズ面ビットで削りました。当面色を塗らないようにしようかな。

仮組みして見ます。ティッシュ取り出し口が痛そうなのでボーズ面ビットで表裏とも削ります。


こんな感じになりました。

14−6 兆番と金具を付けて完成です\(^o^)/
兆番が金色なのですが・・・。


蓋の取付金具のいいのが近くのホームセンターにないので仮に取り付けておきます。


裏側。

14−7 別のホームセンターで金具を発見したので取り替えました。
いい感じです。


14−8 11月24日、やっと色塗りを決意(?)し、決行。
色は、オイルステインの「けやき」を一度塗り。
布で直ぐに拭いて、30分ほど乾かして完成です。

色を塗った内側です。

14−9 まとめ

木材の材料費を算出します。

・1×8、6f 288mm/1820mm×927円=146.7円
・1×4、6f (844+1)mm/1820mm×168円=77.99円
・ベニア、260×128/900×300×300円=36.9円
小計約262円

金具は180円+400円=580円

合計約884円(消費税込み)です。


14−10 以上で完成しましたが、後4個を一回で作ってしまいます。
開始は、12月6日9時40分です。

1×4を2本と、1×8を1本使います。

左は、カット終了後です。

切断終了。

14−11 長さを揃えるため、各2枚ごとにスコヤを使って直角をとりながらカンナで削ります。(卓上ノコギリが欲しいーーー)

10枚目が終わったところで、寒いので休憩とこのページの更新です。足が冷たい〜〜〜!!!

4組だから、16本です。う〜ん、時間がかかるなぁ。まだ6本残っている・・・。

11時になったので医者に行って、昼の休憩です。
再開は、13時50から。でも、カンナがけで握力がなくなってきたので、14時40分に再び休憩。一応カンナがけ終了。


カンナで切断面を整えます。


14−12 トリマーで6mmの溝を掘ります。最初に掘っておけば良かったんだけど忘れていました(T_T)。

トリマーとアリ溝ガイドで溝を掘っていきます。

1組失敗しました・・・気を抜くとこうなってしまうのね・・・。

その後、サンダーで研磨しておきます。

以下明日につづく。

さて、アリ溝ガイドでと思ったら、ベニア用の溝を掘るのを忘れていました・・・。


夕方5時近くにやっとアリ溝を完成。


しかし、気を抜いてしまって失敗です。これで3組だけになってしまいました。


サンダーで綺麗にします。

14−13 仮組みします。

12月7日13:30開始です。
ベニアを切って、ボンドを塗って組みます。ハタガネで固定しておきます。

気になったので夜のうちに仮組みしました。若干ずれていますが、カンナで修正すれば直るかな???


木工用ボンドを入れて組みます。


14−14 蓋の部分に穴を空けるための、ガイドを作成します。
今回は正確を期するために、ベニアに楕円を写して、ジグソーでカットし、ジグを作成してからトリマーでカットします。

蓋をカンナで調整し、蓋・本体の外周をボーズ面ビットで削り、サンダーで面を削ります。

買って来た金具を取り付けます。終了は16時です。

ジグを使って6mmストレートビットで切り抜き、ボーズ面ビットで切り抜き面を削ります。


蓋と本体をボーズ面ビットで削り、サンダーで整えた後です。


金具を取り付けて完成です。


14−15 後は色を塗るだけです。またまた、まとめて塗るときまで置いておきます。