その20

実家からオーディオを持ってきたので、オーディオラックを作ります


第20弾
オーディオラックの作成
20−1 集成材と1×6、1×10を使って、オーディオラックを作ります。(作成はH16.2.22AM10:30〜)

集成材(幅450mm、厚み18mm)の墨付けをします。
使用するのは、1820mm1枚、1200mm1枚、910mm2枚です。本当は1820mm3枚だったんですが、在庫がなかったです(T_T)。
1×6、1×10は引き出しと扉に使います。後で墨付け予定

部屋の中で墨付けして、12時過ぎから切断開始です。

18年近く前のモデルです(^^;)これ以外にレコードプレーヤーがラックの上に乗る予定です。スピーカーは壁に付ける予定です。





側板の墨付けが一番重要です。引出が引き出せるのかどうかがかかっています・・・果たして???


20−2 切断が終了しましたので、組み立てていきます。

でも、その前に引き出し用のガイドレールを付けておかねば。







20−3 天気が怪しくなってきたので(夕方から雨の予報)、部屋の中に入れて、下にゴムキャスターを取り付けます。





20−4 一応完成です。

ここまでで、早くも15:30近くになってしまいました。本日はこれで終了です。



20−5 続いて、引出しと扉の製作にかかります。

切断と溝堀が終了しました。
後は現物合わせで寸法の調整です。

引き出しと前扉なので、寸法を合わせないと引出が入らないし、見栄えも良くないから慎重にしなければ・・・。

前扉も寸法を再調整します。

しかし、兆番の取り付けでまた歪んでしまいました。
後日再調整です。
扉の穴はリモコン用です。




引出が完成です。しかし、出しにくいので後日調整します。








20−6 スピーカーを取り付けました。でも、CDプレーヤーの調子が少し悪そう・・・。音は聞ける時は聞けるんだけど。




20−7 以下は何時始めるのか不明です・・・

色塗りは外側だけ塗る予定です。


20−8 まとめ

材料代を試算しておきます。
ヒノキ12mm×9mm×910mmが2本で
                     90円×2=180円
1×8の6fが1.5本で             1,740円
1×12の6fが1.5本で            2,940円    
集成材が合計で、               9,030円
ベニア板が2枚                   860円
取手が1種類計2個で      180円×2=360円
兆番が2組で            200円×2=400円     

釘と塗料を除くと合計16,285円(税込み)でした。