その24

冬、居間で暖まった空気が2階の冷たい空気を押し出して、冷たい空気が階段を下りて玄関方向から吹いてきます。
そこで、玄関と居間を仕切るドアを作ります。今回は、近所の製材所で木材を切ってもらいました。
杉木です。失敗したらその部材を再発注です(笑)。


第24弾
ドア
24−1 今回購入した物
木材(発注は3月下旬だったのですが、一番忙しい季節らしく、結局1ヵ月後の4月22日に配達して貰えました。)

・505×60×30・・・4本(中枠横)
・745×60×30・・・4本(中枠縦)
・2,060×60×30・・・4本
・1,215×60×30・・・2本
・2,030×180×30・・・2本(外枠縦)
・625×180×30・・・3本(外枠横)
・2,150×121×30・・・2本
・995×121×30・・・1本


その他
・ドアノブセット
・兆番(大型)3個
・すきまテープ


木材を撮影し忘れました・・・



24−2 製作開始(H18.5.7午前11時半)

ドアの外枠縦の木に穴を空けます。
ここに、90mmのネジくぎを入れて、外枠横と固定します。





片側を固定して、中枠を作ります。

24−3 中枠は、2mmの溝(深さ20mm)を電動ノコの刃で切ります。

結果的には、電動ノコがまっすぐ走らず、歪んでいるけど許容範囲か?どうかは差し込み時に分かる・・・

3箇所を固定したら、2mm厚のアクリル板を差し込みます。

差し込もうとしたんだけど、全く入らない。こうなったらもう一度フリーハンドで3mmぐらいに広げてやる!!!




24−4 アクリル板を差し込んでみました。しかし、上に置いている木が1mmほど長いので、入りません。

休みながら、このページを打ちながら作っているので時間がかかってしまった。

その上、ネジくぎ用のドリルの穴が歪んでいて、ネジくぎが違うところにでてきたりで、抜くのに時間がかかったり・・・

現在午後7時20分なので、電動ノコ作業は暗くて危険だから、後日にしようっと。

内側の枠は、木工ボンドで止めようかな・・・




24−5 5月10日早朝、色々考えた末、内側の枠については、ダボで取り付けることにしました。長い縦の方については、3本、短い横の方については2本使い、合計20本使います。

5月11日早朝、結局3辺については、ダボで止める事にしてみました。写真下の上側の辺については止めません。取り外す可能性とか、現時点でも面倒な感じがするので。強度的にはどうなのかなぁ???ですが。

兎に角、1枚目のアクリル板の嵌め込み作業は終了です。
明日の朝?2枚目に挑戦かな・・・しかし、5時起きは辛い、昨日は12時に寝たような・・・記憶もないけど(酔っていたから)多分その時間ぐらい。


24−6 もう一つの枠を作成し、アクリルを嵌め込みました。

ドアを寝かして、上側の外枠を取り付けるとドアが完成です。

次にドアを取り付ける枠はこんな感じで隙間を開けて取り付けます

上も同じようにしています。


兆番は、ルーターで2ミリ程度削って取り付けると、金具が木と面一になります。ドア側も同じ。


一番下のようにドアの取り付けが終了です。
ドアの下側には隙間テープを貼っています。







24−7 ドアノブは20mmのドリルで穴を開け、金具を取り付けて調整し、取り付けます。

ノブを繋ぐ金具は10mmのドリルであけます。

ここも、金具を取り付けるところはルーターで必要な厚み分を削っています。

ドアを受ける方の穴は、20mmのドリルで穴をあけ、ノミで深さと大きさを調整し、金具を取り付けます。





24−8 周りの枠をネジ釘で6本止めて完了です。(H18.5.14、PM14:00)

色は塗らない方が良いかも・・・(面倒くさいから???)。



24−9 まとめ

戸を作るのは非常に難しいです。
これからは買って来ようっと♪

金具も入れると結構かかってしまいました。


木の注文をしてから作成までに時間がかかりすぎて、結局絶対欲しかった寒い冬が終わり、必要のない初夏になったけど、冷房にも効くのかな?