その9

プラモデル等を飾っておく棚を作成します。壁に取り付けることが出来るようにしました。


第9弾
飾り棚の作成
9−1 1×6を棚にし、1×4で壁に取り付けるようにします。
各部材ごとにカットします。

アクリル板の大きさが、650mm×550mmなので、それにあわせて、段の間隔は、290mm、290mm、350mm、350mmの高さにし、、545mmにしました。

フリーハンドの図面です。(参考までに)


9−2 前面に、2mmのアクリル板をいれるため、2mmの幅で溝を切ります。電動ノコが2mmなので、これを使いましたが、部材の幅が狭いので、結構ブレました。

果たして、アクリル板は入るのかな?


9−3 仮組みしてみました。
後ろの金魚の水槽が、60センチ水槽なので、結構大きいものになっています。

板と板の間に入れた切れ目の幅が少し小さいため、綺麗に嵌らないので修正します。

また、2mmの溝がずれています。さて、どうしよう???


9−4 組み立てます。

とりあえず、木工部分の完成です。
あとは、アクリル板を如何取り付けるかだけです。(一番大きな問題)

色は何個かまとまるか、壁に貼り付けるまでに、塗る予定。


9−5 11月24日、やっと色塗りを決意(?)し、決行。
色は、オイルステインの「けやき」を一度塗り。
布で直ぐに拭いて、30分ほど乾かして完成です。


9−6 プラモ系を飾るには高すぎるので、間に板を2枚入れてみました。
そして、ついに、壁にかけてしまいました。