自宅サーバー
その7

(13) 3台目のパソコンを繋ぐ H18.1.1更新
トップページの「困ったときは」をクリック、「Broad Stationの設定で困ったとき」をクリックし、「2台目以降のパソコンをブロードステーションに追加接続する方法」をクリックすると下記の画面になります。これに従って3台目を設定します。(2台目はYahoo!BBのモデムと無線LANで繋がっている





これで、とりあえずは2台のパソコンがインターネットに繋がったので、3台目にノートンインターネットセキュリティをインストール。再起動して、アクティブ化。LiveUpdate後、システムの完全スキャンで設定は完了。その後の作業は一時中断。((12)と並行して行ったので、完了時刻は1月1日13:46でした。)

ノートンインターネットセキュリティは、LiveUpdateは自動に設定、スキャンは毎日行うことにした。(1月3日)


(14) 3台目にWWWサーバーを移行する H18.1.1更新
先程行ったアドレス変換のLAN側のIPアドレスを変更するとあっけなく繋がった。

次はFTP転送をできるようにしよう♪

今はUSBメモリによって更新している状態だから結構面倒くさい。何とかしないと・・・


(15) FTPサーバーを設定する H18.1.1更新
『鷹の巣』の自宅サーバー」さんのお世話になり、ここを参照にTiny FTP Daemon を使って、XPパソコンからFTP転送できるように設定した。


使っているのはFFFTPというソフトだ。
設定完了と思いきや、アップロードできない???なんでだーーー???
ということで、Tiny FTP DaemonのQ&Aを参照したり、設定を見直してみたところ何とか解決できた(^^;;;


(16) ハードディスクのバックアップを取れるようにする H18.1.1更新
Windows2000proを使っているので、「『鷹の巣』の自宅サーバー」さんのお世話になり、ここを参照に設定する。
バックアップ用ドライブは当面はUSBメモリだ。これをUSB2.0のボードに挿して使うことにする。

どんなファイルになるのか分からないので、明日(1月2日)の朝確認だ。


(17) 発注したUPSやCPU共有ケーブルをセットする H18.1.3更新
届くまで中断です。


(18) jフリーの常駐ソフトを導入する H18.1.3更新
メモリが128MBしかないことと、Windows2000を使っているため、メモリ管理、時刻あわせが必要だと思ったので、下記ソフトを導入した。(1月3日)

a.メモリ管理
 メモリの掃除屋さん
 「AMA SOFT」の天野さんが作られたソフトです。

b.時刻あわせ
 桜時計
 「UNO's original software gallery」の宇野さんが作られたソフトです。


(19) かかった経費を見る H18.1.3更新

1月3日現在(下の5品目についてはオークションで入札中)
品    名 金   額 送   料
パソコン 3,200 1,680
HDD 3,500 680
FDD 739
HDD用コネクタ 527 680
スイッチングハブ 1,947
USB2.0カード 989
USBメモリー1G 6,350 0
UPS(無停電電源装置) 9,622 2,415
CPU切替器 3,003
有線LAN用ルーター 5,800
ノートンインターネットセキュリティ 6,580
HDD 3,162
FDD用ケーブル 184
IDE用ケーブル 220
62mmファン2個 464
HDD用コネクタ 402
46,689 5,455
合    計 52,144+α

このサーバーの設定だけに約54,000円ぐらいかかってしまった(冬休み中の遊びとしては使いすぎ?)。
他にパソコン関連として、インターネットセキュリティ(2ユーザー用)とCD-RとDVD-Rを買いました。

結局パソコン関係の支出は、この冬だけで66,000円ほどかかったことになるなぁ...( = =) トオイメ


(20) 新しいパーツがやってきた H18.1.8更新
HDD用IDEケーブル、FDD用ケーブル、HDD25GB、2.5→3.5HDD用変換コネクタ、62mmファン2個が、1月6日に宅急便で届いた。


翌朝から部品の取り付けだ。

HDDの増設


HDD用ケーブルの交換


FDD用ケーブルの交換


静音ファン2基の取り付け


全体図

これで完成だ。で、各種ケーブルを取り付け起動してみると、どうもOSを認識しない・・・
何でだ???簡単に言うとHDDを認識していないのだ。ということは、HDD用ケーブルの取り付けを誤ったのかと思い、反対方向に(ケーブルは反対方向でも取り付けが出来た)してみたら、電源が入らない。


では、と元のケーブルに戻したが、またOSを認識しない。で、新設のHDDのケーブルを外すと認識してWin2kが起動した。???分からない。とすると次に考えられるのはケーブルを付ける順序かBiosの設定しかない。

とりあえず、ケーブルの取り付け方を変更してみる。しかし、OSを認識しない・・・とすれば、次はBiosの設定だなと思って一旦デフォルト値に戻したがダメ。

では、とマニュアルを読むことに・・・(先に読め!)

活用ガイド「ハードウエア」編の「デスクトップ型」、「ハードウエア拡張ガイド」を読んでみることにした。

しかし、別にディップスイッチがどうのこうのとは書いていない。HDDケーブルのマスター側をOSの入ったHDDにスレーブ側を増設HDDに繋いだはずなのに・・・

ま、とりあえずパーテーションの確保とフォーマットは必要だろうということで、CDブートでWin2kを起動してセットアッププログラムでしてみた。が、途中で再セットアップになったので、やめた???(よく分からない・・・)。そこでケーブルを外して起動したら元のOSを入れていたHDDが再セットアップ画面の継続画面になっていて、クリーンインストールになってしまった(^^;;;


散々悩んだ挙句、しかも、最初に組んだハードディスクをクリーンインストールするというへまをやった挙句、ハードディスクのジャンパースイッチではと思い、インターネットで調べてみたら、ここにありました。
下の画像がそうです。


ということで、一旦電源を落として、ジャンパーに被せる物はCanBeから取ってきました。

設定して、ケーブルを繋いで、再度電源を立ち上げました。何やら新しいデバイスを発見したとかでいきなり再起動。

やっとHDDを認識してくれました(ただし、1台目のHDDが\c:、CD-RWが\d:、2台目のHDDが\e:になっていますが・・・)(^^;;; 最終的には治りましたが。

ここで、HDDのパーテーションを変更してと思ったのですが、うまく行きそうにないので、もう一度Win2kをインストールしなおします。

OS用に5GBを確保し、サーバーは18GBにします。全く同じ物を2台目のHDDに作ります。1台目が壊れてもHDDケーブルを入れ替えてバックアップを解凍すればすむのです。完全なRAID1のシステムを組むには後数千円いるしなぁ...( = =) トオイメ

ハードディスクのバックアップ先を2台目のHDDに変更して完了です。