Part4

Part1へ   Part2へ  Part3へ  Part5へ

その16(2001年2月12日(月) TIサーキット)グランドスラムビクトリー主催

(1)さあ、仕様変更したことだし、どこまで伸びるのか
      ロードスター10数台、もちろんチューニング度はNo.1である。
他にはGT−R(32、33等)やFDやシビックやランエボ等々色々な車種があった。
しかし、主催が広島県福山市のグランドスラムビクトリーのためそちらのナンバーが多かった。

朝から天気がいいのか悪いのか分からない、冬の天気だったので、非常に心配して出発したが、何とか天気はもったようだ。

インテグラル神戸の社長と○田君と、店を閉店しての参加。
そして○神君は3連休を利用して、東京よりわざわざ参加。
こりゃータイムアップせんといかんじゃろー!

(2)1本目の走行開始
  1本目はタイム計測しないので、様子を見ながら走行。
しかし、普段少ない台数の中しか走ってなかったので、ちょっと渋滞の中はしんどいなー。

車は、すこぶる快調である。
オーバーもアンダーも気になるほど出ていない。

あとはどのようにしてクリアラップを取るかだ。

(3)2本目
  とりあえす、自己ベストを目指して走ってみる。

中々クリアラップはとれなかったが、5周目に自己ベスト。

もう一度チャレンジするが、前走車に引っかかりやめにする。
ガソリンもなくなってきたし、ガソリンスタンドに直行だ。

とおもったら、赤旗が出ていた。
何があったのかな?と思いながら給油。

ピットに戻るとGT−Rが1コーナーで全損事故。
2本目はこれで終了らしい。

このあと、CLUB PTBのクス氏より「おっさんファイターズ」のステッカーを貰ったのでGTウィングの裏につけました。(上の写真の黄色いステッカー)

この時点で1位のタイム。ヤッター!(1分51秒105
でも2位の車は何だろうと調べると、GT−Rだった。
3本目で抜かれるだろうな〜。

(4)3本目
  取り敢えずは、3番以内のタイムを目指して、50秒を切ることを目標に走ってみる。

さっきのGT−Rと絡みながら走っていると、「結構速いな!これは50秒台が出たかな」と思い、これ以上は集中力が続かないこともあったので本日の走行を終了する。

タイムはなんと1分49秒691が出ていた。
ヤッホー!念願の50秒切りを達成しました。

順位は、GT−R、Jet’sS2000についでの3位でした。
満足満足、今日はこの辺にしとこう。
次回はまた、2秒短縮を目標に頑張ろう!

     
     

その17(2001年3月13日(水) セントラルサーキット)フリー

(1)本日快晴!
なぜか、早く起きれたので(風邪のためゴホンゴホンでよく目が覚めてたせい)少し早めにセントラルへ。到着時刻は8:50頃。
仕事の日より早起きだー!(何時もそうだけど)

9:50からのスタート予定だったので早めの準備開始。
本日の目標タイムは、1分30秒をきること。

この日はインテグラル神戸のS2000のテストでもあり、遠方より、もう1人の専属ドライバー?○○氏も久しぶりに来ていました。
S2000は、どうやら燃料ポンプのフィルターか何かの調子が悪く、今一エンジンに元気がない様子。

(2)準備完了、1本目
結局、10:30スタート。今回は、フロントにカナードを増設したので、リアウィングを1段立てました。

相変わらず、アクセルを荒く踏むと変な方向を向いてしまうので、慎重にアクセルワーク。
でもこの慎重さ(単なるビビリか?)が、ブレーキングで裏目に出て、ゆっくりとコーナーへ。

何とか自分をなだめすかして、1分30秒536。今までのベストタイム!
もう一度チャレンジするが、ビデオカメラの雲台取り付け部分の破損により、ビデオ撮影が不可能に…(シクシク)。

(3)ビデオは取れないけど、2本目だー、今度こそ!
と頑張ってみたけど、31秒台。
少し休憩して(10分以上)、ラスト10分に賭けよう、と意気込んでは見たものの、バックストレートエンドでハーフスピン?!

また、次の周でも同じ。
今日はこれ以上走るとやばいと思って、ピットにもどる。

すると、そこには、オイル漏れの跡が…???
オイル量もLOWを切ってる???
どこかいかれたのかな?

ま、とにかく店まで運ぼうということで、オイルを継ぎ足して行くことに。

この間に、○○氏より、10分程度ドライビングレッスンを受けてました。
予定では、○○氏がロド君でタイムアタックして、25秒台か26秒台を出す予定だったのですが、S2000の調子が出ないので次回に延期となりました。

(4)原因は?
簡単なもので、タービンからエンジンへオイルをリターンするパイプが、金属疲労でやられて、穴があいてました。(本日2度目のシクシクです)

車載ビデオを見ていても、リアが簡単にスライドしてしまっており、どうやら自分のオイルの上に乗ってしまったことが原因のようです。

あれ?ということは、1分30秒を切る日もそう遠くはないということか。
と、まあこうでも考えないとやってられませんからね。


写真ではドライバーで穴を拡大しています。
     
     

その18(2001年5月4日(金) セントラルサーキット)フリー

(1)ゴールデンウィークがまたやってきました。
昨年同様、休みが一致したので行って来ました。
参加者は、私とインテグラル神戸の社長だけですが。
私は8:30ぐらいに到着。
(2)1本目
社長は少し遅れるとのことで、先に1本目の走行を9:10から走行開始。
相変わらず、ホームストレートエンドとバックストレートエンドでのブレーキングは早目にしてます。(150m看板)
前にいやな事故見てるからかなー。
その上、昨年の今日、Fスポを壊したC10のコーナーではブレーキ早めのアクセル踏めない、状態が治りません!
ま、今の状態でなんとか、本日のベストタイムとなる1分31秒692でした。
このコーナーからヘアピンの間までに4速に入れるか3速で行くかで悩んでます。次のヘアピン止まれるのかな?とね。
(2)2本目
社長到着。S2000と一緒に走り始めたが、S2000の加速が少し遅いようだ。どうやらタイヤの選択ミスか?
でも、なぜか、タイムでは負けている…。
ま、原因は(1)のとおりだろうけど。

3本目も走ったみたいな気がするけど忘れてしまった。
     
     

その19(2001年5月5日(土) セントラルサーキット)フリー

(1)きっかけ
○神君より、昨夜、電話があり、ライセンスを取りに明日行くのでフリー走行しないかとのこと。
ま、暇だし行きましょうか。11時にはライセンスの講習が終わるかもということだったので、おっとり刀で11時25分頃に行くと既に走ってた。
ありゃ、遅刻だったのね。
で、午後に一緒に走ることにした。
(2)1本目
昨日も来ていたのであまりあせらず練習練習!
○神君の走行シーンを後方よりビデオ撮影することにした。
その後、すこし引っ張ってやろうかな。

で、走行開始。
やっぱりコーナー早いけど、ストレートは…、遅ーい!
撮影は楽々終了。
引っ張った結果も前回よりタイムアップしていたようだ。
よかったよかった。

この日はスーパーセブンが数台来ていた。やっぱり、速い!

この日、事故があったので(止まってる車に、オイルの上に乗ってしまった車がぶつかった)切り上げることにした。
     
     

その20(2001年5月27日(日) 備北サーキット

(1)出発編
前夜、○神君と6:30に待ち合わせることを約束したのに、やはり飲みすぎてしまって15分の遅刻。
それからは、あいにくの雨の中(場所によっては降ってない時も)、北房ICで降りて備北へ到着。8:20頃だったのに、ピットはほぼ一杯。
まあ、何とか天気もちそうだし、私は外で良いや、雨降ったら走らないしと思いピットはやめたが、荷物は置いておいた。
(2)1本目
天気は大丈夫。しかし、台数多いな。過去最高の台数になってたみたい。
Cグループで走行開始。
1台4スロの車が速そう。クス氏はデフが死んだのかな?
この季節になるとやっぱり10分程度で油温が110度を超えてくるなぁ。
本人も疲れてしまっているけどね、たった10分で!
(3)2本目
タイムがあまり伸びない。
ヘアピンを1速で行くか2速で行くかで悩み中。
(4)3本目
タイムアップを目指すも疲れてきたので、本日の練習はやめ。
(5)全員の練習走行が終了し、タイムアタック開始!
3台ぐらいがタイムアタックをした頃から、雨が降ってきたぁー。
その後、土砂降り状態に。コースは川となり、1コーナーには推進メートルぐらいの池ができていた(ここが一番低いところ)。
光電管の調子も悪くなり、ハイドロがあちこちででていたようだ。
私は雨が降ってきた時点で、リタイア宣言。
車を壊したくないからね。

で、結局、山の天気なのか、たまたまなのか、土砂降り・雷・雹といろいろあって、タイムアタック中断。後はフリー走行に!

私は帰る準備(既に荷物は濡れていた)へと相成ってしまった。

次のページへ