その6
その11 ボディ補強最終編
リベット補強前の錆止め兼緩み止めの樹脂接着剤とリベット打ち後です。
約200発打ちでリベッターの入らない所はスポットで使い分けしてあります。
エンジンの映像はバルブタイミング中です。

7月22日現在


開発コメント: エンジンは鉄人レースに間に合わせる為と、ボディーチューニングでどれだけ速くなるか試したかったので、とりあえずヘッドのみをライトチューニングしました。  (インテグラル安藤)
パフォーマンスフォーム注入中

7月23日現在

開発コメント: ウレタン注入で補強は終了です。スポット、リベット、ウレタンを上手く使い分ける事により、静的、動的、に上手くバランスの取れた補強が出来たと思います。
「ただ硬いだけではダメなのだ!」 (インテグラル安藤)
 
その12 いよいよ完成!?
エンジンに火が入りました。後は微調整?
シールも完成していましたね。
エキマニは、フジツボです。
フライホイールはTODA。
クラッチは、オートエグゼメタルです。
節約のため、エンジンルームは赤いままですが、ヘッドは黄色にしました


開発コメント: EXマニは将来的に200PSオーバーのエンジン仕様にバージョンUPする予定なので、加工のし易い藤壺を選びました。
またフライホイール、クラッチは当店で定番の物にしました。 (インテグラル安藤)

マフラーは、Jet’s N1スペックマフラーです。

開発コメント: ノーマルに毛の生えた程度のエンジンを速く走らせる決め手はこのN1スペックマフラーVer2です。勿論ECUもノーマルで吸排気だけで何処まで行けるか? (インテグラル安藤)

リアのGTウィングに合わせるための必需品。
カナードです。

7月27日(土曜日)現在

では、明日は2台並べて写真でもとってこようかな。

ロードスターサークルベントです。エアコンがないから少し有難いですね。
水温・油音計です。夜間光っているところがカッコいいです。
昔NA時代につけていたガレージオオノのクールベンチュリーパネルです。Tiサーキットで最終コーナーでスピンして縁せきに乗り上げた時てもオイルパンは無事だったと言う過去を持っています。
2台のロードスターです。


前頁      次頁