1 エンジン壊れた     写真はこちらへ

  1999年12月20日AM9:38頃のことであった。
 この日、私は休みを取って、タイムアタックをしようとセントラルサーキットへと走っていた。
 ただ、朝起きるのが少し遅かったので、いつものように(?)全開で走っていた。
 すると、急にエンジンが弱っていき、止まった。
 プラグかなーといろいろと試してみるが、生来のメカオンチのためか、原因がわからず、
 急遽、インテグラル神戸の社長に携帯を入れる。

  結局、積車で引取りにきてもらう。エンジンを下ろしてヘッドを空けてみないと分からない、とのことで1週間ほど待つ。
 結論は、某メーカー系チューニングメーカーのピストンのリングが折れて、中で暴れたらしい。
 もちろん、ピストンは終わり、ブロックも終わっていた。幸い、その他は使えそうである。

2 チューニングメニュー  写真はこちらへ

  ということで、年末から1月の中旬までの間に、メニューを煮詰めることになった。
 前のNAチューンの時に、腰下のフルバランスを取ってあったし、
 ラジエターを大きいものに変えていたし、ボディも補強していたので、
 その他を考える。

 ブロックを買い換えなきゃいけないので、ディーラーに電話で聞くと、新品は14万円以上する。
 中古のエンジンは10万円ぐらいなので、そちらを購入し、ブロックのみを使用。
 残りはスペアパーツ?か、捨てられるか?

  最も安い金額でやるとすれば、HKSボルトオンターボキットと中古エンジン(前のエンジンの使えるところは使う)で、
 工賃込みで50万から70万ぐらいか。

  でも、どうせやるなら、もっと大きいタービンを。300psぐらいを目標に。
 で、GT2535が余ってる???。
 となると、クラッチもつかなー。とりあえず、ブースト落としとこう。
 ファミリアターボのGT-R用ピストンとコンロッドで1,860ccだー
 そうなると、コンピューターはノーマルではダメだし、Motecか。
 あ、インタークーラーも付けないと。
 でも、オイルクーラーが邪魔だから位置を変えて。
 となると、オイルクーラー用に電動ファンがいるなー。
 冷却が大切だから、電動ファンも交換しなきゃ。
 ブースト計もいるなー。
 EVCも付けなきゃ。
 燃料ポンプもスープラ用に交換だ・・・・・
 バッテリーも軽いものにしたいけど予算がーーー。
 軽量化のためなら(?)、パワステ外そ。

 ブレーキは完成したら考えよう(すでに予算オーバーしてしまっている)。
 
  という具合に、だんだん深みにはまっていき、ついに、基本コンセプトが決定。

 個人オーナー最速のロードスター(もちろん運転も)

 と、大胆なコンセプトに。もちろん、どこかのショップのチューニングカー(デモカー)の1台ぐらいは、抜けるような仕様にしよう!と決定。

3 チューニング開始   写真はこちらへ

  まず、エンジンばらしてブロック・ピストン・コンロッド以外の部分をとる。
 中古エンジンもばらして、ブロックをとる。
 ブロックを0.5mmのボーリング(ファミリアターボのピストン径に合わせる)
 ヘッドは面研と吸気ポート、排気ポートを広げ、吸排気系の効率アップを狙う。
 圧縮比は「8.6:1」。
 完成したので、組み付ける。

  ついでにタービンを組み付けて、エンジンオイルをタービンに通すことで、タービンの熱を少しでも下げるようにする。
 このエンジンオイルはオイルクーラーに送られ、冷却された後、再びエンジンに戻ることになる。
 従って、オイルはまめに交換することになる。

  インタークーラーとオイルクーラーは、同時にラジエターの前に入らないので、オイルクーラーは左フロントタイヤの前に置き、
 バイク用電動ファンで冷却する。
 それとともに、マツダスピードのフロントエアロの吸入口から、ダクトを造り、空気を送る。

  フロント回りを考えるとどうしても邪魔なものがあるので、パワーステアリングをはずす。

  でも、絶対エアコンは外さんぞー、誰に何を言われても。

  エンジンを載せたはいいけど、オイルブロックの関係でパイピングが難しいらしい(オイルブロックが邪魔?)。
 なんとか、パイピングは完成したものの、何か足りない。
 
  翌週店に行くと、アルミでアンダーカバーが作成中。

 これで完成。でも、車検の日が過ぎていた…

4 完成&パワーチェック   写真はこちらへ

  車検終了後、パワーチェック。
 マフラーノーマル、触媒付でブーストは、0.5しかあがらない。この場合に、204psの25kgm。
 でもこのままではクラッチがもたない。(まだこの時点ではEVCは付けていない)

 クラッチをAuto Exeのメタルクラッチに交換して、ブーストを0.5からアップ。(EVC取り付け完了)
 いつのまにやら、マフラーが「Jet’s N1マフラー ver2」から、ワンオフの「Jet’s スペシャル(前島スペシャル)」に変更され、
 EVCオフの状態で、抜けがよくなってブーストも、0.6にアップ。

 また、EVCとモーテックの調整の結果、ブースト1.4で、308ps・31.2kgmに。
 通常は、0.6(EVCをoff)にし、サーキットでは0.9か直線のみ1.4の予定。

5 試乗&備北サーキット試乗
  (備北サーキット走行会(4月17日)


6 いよいよセントラルサーキットへ(備北は遊び?いえいえ慣らし)

 5月4日(木)にセントラルサーキットで足を詰めてきます(晴れたらいいな)。

 って、まだブレーキがノーマルだーーー。

 リアはやっぱり、もう少し太いタイヤを履きたいけど、アルミホィールとタイヤと買わなきゃいけないんだった。

この結果はサーキットタイムアタックに記載。

7 ブレーキ・リアのアルミホィール・リアタイヤ交換   写真はこちらへ

 結局、ブレーキの効きが弱くなっているようだし、ブレーキ良いのに変えちゃえ!
 もう少しブレーキつめれるかもしれないし。
 で、インテグラル神戸で相談。
 「作りましょう」ということで「ウインマックス」と「Jet’s」の共同開発。
 なんとあのマクラーレンF1のブレーキも手がけたという方が設計されました。

 フロントのキャリパー&ローター、リアのブラケットが完成。
 リアは、最新型160psのNBのローターを最終的に使用する事になった。

 今回の取り付けは、一般向けに、フロントのキャリパーのみの交換。パッドは暫定的なものとなった。
 それとリアもあまり滑らないように、リアのホィールを16インチに変えて、224/45−16のタイヤを履くことに。
 これで、良く止まりよく曲がる車になったのかな?
 
 
このキャリパーに合わせて開発されたローターを取り付け。ブレーキフィーリングの確認のための試乗を行った。
 まだ、エア抜きが若干不十分なところがあるが、踏んだ分だけ効くというか、コントロールしやすい感じである。
 ただ、今回はリアの交換が出来ていないため、フロントが効き過ぎている。
 来週には、リアも交換する予定。

 ということで、色々苦労した(らしい)結果、9月23日夜、交換完了!!!
 裏側のカバーは取り外しが面倒なので、カットして広げてます。
 試乗の結果は、良好!

 
サーキットテストは9月27日(水)(晴天)と10月4日(水)(晴天)の時に行いました。
 結局、スプリングをスイフトからベステックスに変更。F13kg、R12kgとなりました。
 エンジンが熱ダレして、タイヤもタレタ状態でセントラルサーキット1分30秒をきりました。
 ただし、森吉選手ドライブで。

 次は筑波サーキットでテスト?(10月22日(日))